猫のミスティ・犬のアスティ・ココ・しおん・デイジー。                                            そして‥天国の猫ごくう。と、お使い猫ごはん。


by tenkomori_5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

4/11  生きる力 Ⅱ。

c0116921_2244325.jpg
     今日お友達ワンコが虹の橋を渡って行った。先週の日曜日に急に倒れ、月曜日から病院通い。
     すい臓の病気から臓器不全になってしまったそう。何度も何度も山を越え‥今日パパとママの休み
     を待っていたかのように、眠るように逝ってしまった‥。病院の先生には幾度となく、あちらに行っても
     おかしくない数値なんだといわれながら。不思議だね。そんな状態でも頑張れる命って。
     パパとママに少しでも迷惑かけないように、パパが一緒に見たがってた桜が咲くのを待っていたかの
     ように‥ぎりぎりまで命の灯火を燃やし続けたキャサリンちゃん。最後の最後まで親孝行な優しい子
     だった‥。いつ会っても穏やかで優しい目をしたワンコだった。
c0116921_2392045.jpg
     “犬の十戒”を守り通したキャサパパとママに拍手を送りたい。とーちゃんと私もそうありたいと心から
     思う。キャサリンちゃん、虹の橋の向こうでみんなを待っててね~。 そして最後に「ありがとう!」を
     いわせてね。‥なぜなら‥‥
     ちょうど同じ日、ウチのごくうも入院したのだった。以前年のせいで痩せて‥とブログにも書いたけど
     なんだかすごく気になって、病院に連れて行ったのだ。いつもはとーちゃんと一緒に行くのに、その
     日は仕事が終わるのを待っていられなくて‥。
c0116921_23405134.jpg
     診断結果は腎不全。数値は末期の症状を示していた。えっ?と思いながらも、やっぱりそうか‥。
     という思いも。先生の話ではご飯もたべれない状態だったらしい。痩せるわけだ‥。猫って腎臓が
     ほとんど機能していなくても(30%ぐらいでも)通常に生活できるとのこと。気づかずに手遅れって
     こともあるらしい。ごくうの場合もかなりヤバイ症状だった。このまま数値が下がらなければ、一生
     1日置きの点滴と内科治療。あるいは実験的な腎臓移植。頭が真っ白になってしまった‥。
     そこまで悪化していたとは‥。急かされるように病院に連れて行かなかったら‥餓死していたかも。
     すまないことをしてしまった。ごくう、ごめんね。ごめんね。
     猫の大半は年をとると腎不全に陥るらしい。中には若くても発症する例も。症状は水を大量に飲む。
     おしっこも大量。そして食欲が落ちる‥どんどん痩せてしまうのだ。あの時痩せ始めた事に気づいて
     病院に連れて行ってたら‥悔やまれるばかりだ。無知のコワさを思い知った。
c0116921_23571029.jpg
     でも不思議なことに、数値がずっと下がらず落ち込んでいた時キャサリンちゃんのお見舞いに行き、
     翌日ごくうに「キャサリンも頑張ってるんだよ。お前も頑張れ。早くウチに帰ろう。」と話しかけたら‥
     なんと数値が下がったのだ。丁度薬が効いて下がる時期だったのかもしれない。先生の努力の結果
     だったのだとも思う。が‥あちらに行こうとしているキャサリンちゃんが、ごくうの悪いところも引き受け
     て逝ってくれたのだと思えて仕方がない。今日キャサリンちゃんのお別れに行ったその足で病院へ。
     月曜日には退院できるとのこと。当分は療法食だけでいいとのこと。連れて行った時には考えられない
     結果に喜びもひとしお。神さま、ごくうを生かしてくれてありがとう。先生、ありがとう。
     そしてキャサリンちゃん‥ありがとう。
     今回のことはホントにいろんなことに気づかされ勉強になった。もう二度と辛い思いはさせたくない。
     私達に出してる「助けて」のサイン。見逃さないように頑張らないと。


         おまけ
c0116921_091437.jpg
         大好きなごくうがいなくて寂しかったね~ミスティ。もうすぐ帰ってくるからね。。
         そうそう。ミスティもしようね、血液検査。いやでも連れてくからねっ。
[PR]
by tenkomori_5 | 2009-04-11 23:58