猫のミスティ・犬のアスティ・ココ・しおん・デイジー。                                            そして‥天国の猫ごくう。と、お使い猫ごはん。


by tenkomori_5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

5/24  虹の橋へ‥。

     
c0116921_1543575.jpg
     昨日23日の夜8時、ごくうは虹の橋へと旅立って行った。やっと延命という事実を受け入れごくうと
     一緒に頑張ろうと思っていた矢先のこと‥。
     2度目の入院から帰ってきたごくうを見て、正直不安でいっぱいだった。体力の低下が著しくて歩く
     こともままならないようだったから。先に書いたように先生といろいろ対処の方法を話して、ごくうが
     過ごしやすくできることだけ考えて頑張っていくはずだった‥。
     呼吸することもしんどそうなごくうを残し、私は恒例の母の待つ実家へ。留守中のことはとーちゃん
     に託して。いつもは泊まりがけなんだけど、ごくうのことが気がかりで日帰りすることにしていた。
     帰り際に今から帰る旨をとーちゃんに伝えると「慌てなくていいから急いで」と言われた。なにそれ。
     ごくうに何か異変が?慌てるなって言われても‥いつもよりスピードを出して家路を急いだ。
     果たしてごくうは‥意識があるのかどーか‥口で荒い呼吸をしていた。カーペットの上に横たわる
     ごくうの名前を呼ぶ。もういつものゴロゴロも、私の手に頭を摺り寄せることもない‥。
     ホントにホントにこれで終わりなの?!ごくう。昼病院に連れて行ったら、体力の低下で余病が出て
     きてしまったよう。レントゲンを撮ったら、もう肺は霞がかかったように識別できず‥。先生の話だと
     腫瘍、しかも前足にも。今日明日がヤマと言われたとーちゃん。ひとりで受け止めてきて、さぞ辛い
     気持ちで私の帰りを待っていたことだろう‥。なんとか私の到着まで持たせようとずっとごくうを励ま
     し続けてくれていた。(とーちゃん、ありがとう)
c0116921_2191533.jpg
     その甲斐があってごくうは私を待っていてくれた。待っていてくれた!と思いたい‥。
     私が着いたその30分後、ごくうは虹の橋へ‥。ごくうも辛かったよね。苦しかったよね。最後の瞬間
     大きな声でひと鳴きすると、転びながらベランダへ。そしてとーちゃんと私が見守る中、息を引き取っ
     たのだった‥。私たちはただただごくうを撫でてあげることしかできなかったね‥。
c0116921_2304457.jpg
     今は苦しみから解放されて静かに眠っているごくう。発症から47日目のことだった。
     ごくうホントによく頑張ってくれたね。そしてたくさんの幸せをありがとう。形は無くなってしまっても‥
     ごくうはいつまでもずーっと私たちの宝物だよ。ホントに私たちのところにきてくれてありがとう。
     
     先に行ってるキャサリンちゃん。ごくうを頼んだよ。無愛想な子だけど、根はとっても甘えん坊で
     可愛いヤツだから‥よろしく面倒みてやってね。
     ごくう。ごくう。可愛いごくう。また虹の橋のたもとで会おうね。忘れずちゃんと待っててね‥。


       応援してくださった皆さまへ。
       思いもかけず、こんなに早くごくうは逝ってしまいました。
       いつも励ましと応援のコメントありがとうございました。
       皆さまのあたたかいお気持ちに、ただただ涙が溢れるばかりです。
       本当にありがとうございました。

       忙しい中お別れにきてくれたひなパパとママ。ホントにありがとう。
       
     
[PR]
by tenkomori_5 | 2009-05-24 03:08